いくぜ〇〇中!わが家の中学受験 in 2018

2018年2月の首都圏中学受験に向けた父親と息子の日記です。

9/18 過去問(K城 2017年第1回)

先週日曜日(9/10)から始まった、学校別対策コース。
毎週、第1回の方の過去問が宿題として出されます。

今週は日曜日に合不合があったため、学校別対策コースは休講。
9/24が宿題(過去問やって、〇つけして、解説読んで、答案を提出)の提出日。

 

ということで、Sオープンから帰宅後の午後、約4時間かけてじっくりやりました。

 

 K城中学校 2017年第1回
  国語 47点/120点満点(合格者平均76.2、受験者平均67.7)
  算数 87点/120点満点(合格者平均95.0、受験者平均79.1)
  社会 15点(記述の採点はせず)/80点満点(合格者平均46.0、受験者平均40.9)
  理科 30点/80点満点(合格者平均42.0、受験者平均35.7)

  4科 179点+社会記述/400点満点(合格最低点232点)
  評価 ×(合格者最低点に届かず)

 

K城の国語。先生が「選択肢が難しい」とは言っていましたが、選択問題の正答率は5割。記述は全く書けず・・・。まぁ、今はこんなものか。対策していけば、なんとか受験者平均くらいは取れるようになるのかしら・・・?

 

算数。この年のこの回は比較的簡単だったようで、平均点が高め。大問6<立体図形>が全く歯が立たず、解説を読んでもわからなかった模様。ちゃんと先生に聞いてこい。

 

社会。実は意外に書けた。4問あって、3.5問書いている。ただし内容は厳しい。
父の採点では1.5問〇くらいの印象。
配点は語句問題40点、記述40点なので、実は語句問題の方で稼げる構造。
かつ、記述も「資料から読み取れることを述べよ」形式であるため、社会の知識が薄くても、何となく書けるという・・・(正解には遠いが)
意外と記述が何とかなりそう?!というのが今日の最大の収穫。

 

理科。これは逆にもう少し取れると思っていたが、苦戦。
物理分野は取れているが、化学・生物・地学分野いずれも苦戦。
結構クセのある問題のような感じがしたため、今後対策が必要。合格者平均点はマストで取ってほしい。

 

今回の問題であれば、対策をきっちりやれば、
国語+15、社会+20、理科+10は加点できると予想。それで224点。

う~ん、まだちょっと足りない(あと8点)・・・

 

次回考えよう。

 

 

10/15 第4回合不合判定テストまで あと27日。
2/1入試当日まで あと136日!

 

9/18 Sオープン模試

まず最初に、タイトルの模試ですが、Sピックスオープンではありません。

Gという塾主催のS中オープン模試です。(無料なんだもの)

 

というわけで、昨日、合不合テスト後の解説授業が終わり、帰宅したKと、徹底的にS中の国語記述対策をやりました。

前回(9/17 第3回合不合判定テスト志望校登録と国語記述対策の話 - いくぜ〇〇中!わが家の中学受験 in 2018)ブログに書いたように、S中の国語記述は面白い!

H29の過去問①と②をずっとやりましたが、これ、説明文と物語文、こんな分量があって、記述も沢山あって、50分って無茶でしょ。
Kの読解スピードだと、二つの文を読んで漢字をやるだけで50分経過すると思われたので、もう「文章は読むな」作戦で行くしかありません。

S中の国語記述は(こんなことを言ったら怒られるかもしれませんが)本文を読まなくても、設問の傍線部とその前後を読めば、何となく回答の構成が作れるように設計されていると感じました。

とはいえ、それはこれまで大量の文章を読んできた大人だからわかることであり、Kはまだまだ未熟。
そのあたりはテクニックで何とかするしかありません。

しかし、多くの問題を一緒にやることで、何となく「わかってきた」とのこと。

 

そして、今日のSオープン模試です。

今日はSピックスの学校別模試も開催されているため、最難関校を目指す生徒さんたちはそちらを受験されているはず。

なので、S中に来ているのは、ガチでS中を目指している層、と言えます。

ここで上位20%くらいに食い込んで、自信をつけたいところ。

 

自己採点です。

9/18 Sオープン模試(自己採点)

    得点率
 算数 7割-
 国語 3.5割+
 理科 7割+
 社会 4割+
 4科 5.5割-

 

う~ん、微妙。

算数と理科は健闘したほうかな。特に理科はなかなかの水準点。

国語の記述は半分くらい書いたとのこと。記述だけで80点分あり、書いただけなので、部分点半分もらえたとして、80÷2÷2=20点か~い!
残りは漢字、8割しかできてない・・・。
ちょっと辛めに自己採点したとは言え、4科6割までは届かないか。

社会は時事っぽい内容。まぁこれはいい。(それよりもK城の記述対策をなんとかせねば)

 

なお、S中は毎年6割(210点/350点中)くらいが合格最低点レベル。
6.5割取れれば合格確実圏。

今回、Kはちょっと足りないか・・・。
でも合格判定50%くらいは出そう。(希望的観測)

もうちょっと対策やってからだったら、やや違った結果だったかもしれませんが。
Kは楽しかったそう(国語の記述が)。

国語、今からでも十分得意科目にできると思うので、頑張ろう!!

 

9/17 第3回合不合判定テスト(素点)

第3回の合不合判定テスト。
我が家は吉祥寺のS蹊中学で受験です。

S蹊学園前のバス停を降り、すぐに大学。
その脇の素晴らしい並木道を通って、中・高等部へ。

天気はあいにくの雨。晴れてたら気持ちいいだろうなぁ。

 

今回のS蹊中は、現時点では2/4の第2回を受験する可能性がある学校。
本来は2/4はSの第2回なので、それにチャレンジできずにS蹊を受けるということは、そこまでの戦績が・・・ということを意味しているわけで、あまり望ましい状況とは言えません。

しかし、今日の説明会&校内見学を経て、「S蹊中!良い!」と感じました。

きちんと指導してくれるような感じも受けましたし、でも自由な校風というところも感じましたし、最終的にここを受験するようになったとしても、これはこれでありかな、と感じられました。

思った以上に良かった。収穫。

 

で、合不合テストですが・・・
金曜日に最悪のバトルをしたため、前日の学校訪問・学園祭を挟んでいるとはいえ、メンタル的にはかなりBadなKと父。

そして、以前も書きましたが、夏休み明けのNN K成への無謀なチャレンジによってモチベーションを落としたまま復活できていない

→そのまま、週テストも↓↓

→今回。という流れ。

いい点を取れる要素は何もありません。

どこまで下がるか・・・覚悟していましたが、かなりのダウン。

 

素点です。

9/17 第3回合不合判定テスト(素点)

    得点率
 算数 7.5割+
 国語 3.5割+
 理科 7割+
 社会 5割
 4科 6割-

 

いやぁ、やらかしましたね。
前回(第2回)から、43点!の大幅ダウン。

300点届かないってどうよ・・・

 

算数と理科は結構難しかったようですが、Kなりに健闘したのかな?
偏差値は60~65くらいイッてそうな雰囲気。

国語が・・・やばすぎる。漢字も、語句も、選択も、記述も全部ダメ。
どうすりゃいいんだ?!
偏差値40も危うい予感。

社会も半分しか取れない・・・涙

 

今回の父の予想ですが、某掲示板では一様に「難しかった!」という声が多いことを信じ、全体平均点は240点前後と予想
(前回は男子258点でした)

Kの予想偏差値は55~57くらいかなぁ。

 

今回は偏差値60越えを必達してほしかっただけに、またやり直しか。。

でも、いいのです。

国語の記述、頑張るのです。

まだまだ行くぞ~!K、頑張るぞ~!

 

9/16 学校訪問

9/16 学校訪問の記録です。

 

AMはH尾学園の授業体験会。
申し込み開始日にアクセスが殺到しすぎて、同校のサーバーが一時ダウンするという…
我が家は無事申し込めましたので、参加してきました。

Kは国語と社会の授業を体験、父は学校説明会を聴講。
いやぁ、前回(9/9)のシンポジウムの時も感じましたが、本当に素晴らしい学校ですね。。。志望順位上がりました。(共学だけど)

 

体験授業を終えたKと合流。
本当は校内見学もしたかったのですが、この日は学園祭ハシゴ予定のため、泣く泣く移動。

 

日比谷線で神谷町に移動し、S中の学園祭へ。
とりあえずお腹がすいたので行列に並んでホットドックを購入。
ここで、母とTも合流(TはY谷で試験を受けていました)。

S中では自由に見学。父も自由に見学。

軽音のライブとか、学園祭実行委員(?)のダンスステージとか、「あぁ、青春だな~(遠い目)」というノスタルジックな思いに駆られました。

やっぱり自由な校風は顕れていますね。生徒たちを見てるとなんだかこちらも楽しくなってきて、「やっぱSかなぁ」と思ってみたり。

とりあえず事務室で願書(1000円!)を購入し、出願準備は完了。

もっといろいろ見たかったのですが、次へ移動。

 

この日最後の学校見学はK城の学園祭。
いやぁ、賑わってます。

Sも人は多かったと思いますが、なんとなく敷地が広くて分散していた感じですが、K城は正門入ってすぐのスペースが人・ひと・ヒト。

なんとなくJKも多い感じです。

 

たぶん1時間15分くらいしか時間がなかったと思いますが、Kには自由に見学に行かせ、父はTと二人でゆっくり見学。

化学部の実験コーナーは面白かった。しっかりしてますね、K城生。
中1の子も堂々と発表していて、びっくりしました。

 

パラパラと雨が降るあいにくの天気でしたが、無理してでも3校回って良かった。

それぞれで感じられるものがあって、父的にも満足。

Kはどう感じたのかな?

ちなみに弟TはK城よりもSの方が面白かったらしい。
雰囲気が良かったって。
何を一丁前に 笑。

来年はTを連れてKの進学先の学園祭に行くことになるでしょう。
受験学年の学校見学はしんどいから、来年・再来年に学園祭はちゃんと行っておきたいと思います(弟T用に)。

 

9/18 現状整理

しばらく休むと言っていましたが、イベントシーズンのため、ブログ訪問される方が多数で、なんだか申し訳ないので、書きこみます。

 

まず、家庭内トラブルですが、これについては父の狭さが原因かと思いますので、反省し、一旦忘れます。

Kの問題も大きいですが、母親に最大の問題があると整理しました。

なので、とりあえずKとの二人三脚の受験は継続。

 

三連休は、学園祭→合不合→G社のSオープン模試、と多忙。

一つずつ書いていきます。

9/16 しばらくブログ休みます

昨晩、かなりの家庭内トラブル発生のため、しばらくブログを休みます。

受験はするつもりですが。

気が向いたら再開します。

9/17 第3回合不合判定テスト志望校登録と国語記述対策の話

今回の登録作業を昨晩web上で終了しました。

2/1AM K城(1)
2/1PM K学院K我山ST(1)
2/2AM J北(2)
2/2PM H尾学園(医サイ)
2/3AM K城(2)
2/4AM S(2)
(志望順位はこの順番ではありません)


偏差値Y80では、57~66くらいの範囲であり、
かなりチャレンジングな設定。

まだ9月なので受験校を確定させるわけではありませんが、
このまま偏差値が大きく下がらなければ、2月1日~4日はこのようなプランでいきたい。

あとはK城対策にどこまでついていけるか…
先週日曜の講習では、やはり国語と社会は全く歯が立たなかった模様。
父母会では「論述、最初は書けませんが、書けるようになります」と言ってましたが、
正直、疑心暗鬼…

 

とりあえず、今日帰宅後、S中の国語過去問(H29①)の記述問題を隣で一緒にやりました。
S中の問題は、父の分析としては非常に解きやすく、全文を読まなくても、設問箇所の前後の構成を上手く拾って設問文に当てはめることができれば、解ける構造になっています。
まるでパズルを解くよう。

しかし、Kはパズルを解くようだとわかっていても、ピースを見つけられない。
(しかし、隣で聞いてあげると、それっぽい箇所は見つけられている)
また、ピースが見つかっても、それを設問で求められる文に組立てられないため、記述が書けない、ということがわかりました。

これはもう訓練していくしかない。

 

平日、少しでも早く帰って、なるべく一緒に解いてあげたい。
そしてパターンを身につけさせてあげれば、何とか戦えるようになるはず。

 

全くのお手上げ状態じゃない、ということがわかったので、父の指導方針が固まりました。

今後、父が見れる時間のほとんどを国語の読解・記述に充てようと思います。

やるしかない!

 

 

9/17 第3回合不合判定テストまで あと4日。
2/1入試当日まで あと141日!