いくぜ〇〇中!わが家の中学受験 in 2018

2018年2月の首都圏中学受験に向けた父親と息子の日記です。

3/4 第4回週テスト(偏差値、順位)

今日の父は名古屋日帰り出張、先ほど帰宅しました。

疲れた・・・。

移動の新幹線で寝れば、と思われるかもしれませんが、車中もずっとPCワークです。

酒も飲んでないのに、酔って気持ち悪い。

 

土曜の週テストの結果が出ました。

先週、かなり躍進しましたが、今回の出来は今一つだっただけに、結果は厳しいものでした。

 

 算数 得点率7割 偏差値58.0

 国語 得点率4割 偏差値37.0

 理科 得点率6割強 偏差値60.0

 社会 得点率6割 偏差値48.5

 4科 得点率6割弱 偏差値51.0 順位850位/1900人中

 

国語なぁ・・・読解の難易度が高かったことは先日のブログで述べましたが、

漢字・語句での取りこぼしが効いてます。

まだ週報が出ていないため、父の想定ですが、国語の平均点は50点そこそこ、と思われます。

Kは漢字・語句で10点以上落としているため、偏差値50に大きく届きませんでした。

 

一方、社会はまずまず検討。

偏差値はともかく、6割を取れたことが大きいです。

実際の入試では偏差値ではなく絶対値での得点で勝負することになるため、

苦手な社会でもそれなりに得点を重ねないと、合格は覚束ないと思われます。

なので、偏差値50に届かなくても、そこそこ点数を取る習慣が大事だと思っています。

(前々回の10点とか、論外)

 

新小6になり、4週間の授業と週テストが終わりました。

あらためて推移をまとめると・・・

 

   1週目 2週目 3週目 4週目

算数 60.0   63.0   66.5   58.0

国語 53.5   45.5   50.0   37.0

理科 57.5   60.0   65.5   60.0

社会 27.0   28.0   52.0   48.5

4科 52.0   49.5   64.5   51.0

 

となりました。

3週目が瞬間最大風速的に出来すぎなのはともかく、

 ・算数と理科が安定的に60前後の偏差値を取れていること、

 ・社会が伸びつつあること(まだ2週間ですが)。

 ・国語が確実に下がりつつあること、

という傾向がわかります。

 

3/12の組分けテストに向けた学習計画は既に策定済みで、

おととい日曜日から自宅学習を進めていますが、

国語については、つきっきりで見てあげないと、K一人では無理。

土曜日にがっつりやる予定でいますが、組分けでどこまで挽回できるか・・。

 

 

(日付が変わったので)

新6年1回目の組分けテストまで あと5日。

2/1入試当日まで あと331日!